本文へ移動

インコースとアウトコースの打ち方は?

2021年11月27日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】インコースとアウトコースの打ち方を教えてください。 (吉川ウイングス5年 直弥君)
 【答え】内角球と外角球は、打つときのミートポイントが違うのは知っていますね。内角球は投手寄り、外角球は捕手寄りです。この教室で何度も教えてきました。それを頭において復習しましょう。
 内角の甘いコースは、一番打ちやすく一番飛びます。打つポイントが少し前なのを意識していつもの打ち方で思い切り打てばいいでしょう。小学生をみていると内外角を打ち分けている子はほとんどいません。内角球は素振りのフォームで思い切り打つことを続けてください。外角球はコースに逆らわずに反対方向に打つのが理想です。これは少し難しいので、小学生でもできるテクニックを教えます。
 (1)外角だと気づいたら体が開かないようにステップする。(2)ボールを引きつける。打つポイントが内角球よりも捕手寄りなので、できるだけ引き付ける。(3)右方向へおっつける。右肘を体の近くに寄せてバットのヘッドを少し遅れ気味にする。(4)腰の回転を我慢する。打ちに行くときに軸足のかかとを上げずに、ミートの瞬間に右肘の送り込みと一緒に腰と軸足を鋭く回転させる。(5)ボールの内側を打つ。外角球は球筋がよく見えるのでボールの内側を打つ意識で打つ。外角球は無理に引っ張らないようにしましょう。 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ