本文へ移動

防衛費、過去最大7700億円 21年度、初の6兆円超 補正予算案 閣議決定

2021年11月27日 05時00分 (11月27日 05時01分更新)
 政府は二十六日、三十五兆九千八百九十五億円の追加歳出を盛り込んだ二〇二一年度補正予算案を閣議決定した。防衛費は過去最大の七千七百三十八億円で、当初予算の歳出額と合わせて初めて六兆円を突破した。主要装備品の新規購入費が追加の歳出を押し上げた。主要装備品の購入は通常、毎年度の当初予算に盛り込んでおり、補正予算で本格的に計上するのは極めて異例だ。
 一二年十二月の第二次安倍政権発足後、防衛費は年々増加し、一六年度に初めて当初予算で五兆円台に乗った。補正予算を含めた各年度の歳出予算額で見ると、一四年度の五兆八百八十五億円が二一年度は六兆一千百六十億円となり、七年で一兆円増えた。歴代政権が目安としてきた国内総生産(GDP)の1%を超える規模となる。
 自民党は十月の衆院選公約で防衛費のGDP比2%以上への倍増検討を掲げており、衆院選勝利を機に増額傾向が加速した格好だ。
 主要装備品の新規取得費は千八百八十九億円(二二年度以降の支払い分九百二十八億円を除く)。財務省から高騰部品の調達が問題視されたP1哨戒機やC2輸送機、迎撃ミサイルPAC3MSEなどを購入する。いずれも二二年度予算で概算要求しているが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報