本文へ移動

子どものサインに早期対応を 愛知県教委が通知、弥富の中3刺殺受け

2021年11月26日 21時02分 (11月27日 02時19分更新)
 愛知県教育委員会は26日、弥富市の中学校で男子生徒が刺殺された事件を受け、県内の小中学校に問題行動の未然防止に努めるよう求める緊急の通知を出した。
 通知では、児童生徒の発するサインを見逃すことなく学校全体で共有し、早期発見・早期対応に当たるよう要請。学校教育の場で命の大切さを自覚させることや、刃物の管理や取り扱いの指導徹底も求めた。
 大村秀章知事は記者会見で「今回の事案の重大性を強く認識して、真正面から取り組んでほしい」と述べた。
 県教委は、事件が起きた弥富市の中学校へスクールカウンセラーを派遣。すでに2、3年生全員のカウンセリングをした。カウンセラーからは、心の不安定を訴える生徒が多く、教師へのカウンセリングも必要との所見が寄せられているという。29、30日も4人ずつを派遣する。

関連キーワード

おすすめ情報