本文へ移動

飯窪春菜、初となる2.5次元の舞台に「熱い勝負が見られます」主演舞台「終末のワルキューレ」~The STAGE of Ragnarok~

2021年11月27日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公開稽古に参加した飯窪春菜(右から5人目)

公開稽古に参加した飯窪春菜(右から5人目)

 元「モーニング娘。」で女優の飯窪春菜(27)が主演を務める舞台「終末のワルキューレ」~The STAGE of Ragnarok~の公開稽古が26日、東京都内で開かれた。飯窪は初となる2.5次元の舞台に「熱い勝負が見られます」とPRした。
 同名の人気漫画が原作で人類と神のタイマンを描いている。飯窪は半神半人の戦乙女(ワルキューレ)の1人、ブリュンヒルデを演じる。「熱い戦いの行く末を見守りながら花を添えられるようにしたい。本当の(戦いの)観客として参加してもらう演出にもなっています」と話した。初の座長として「開演前に気合入れをしたい」と明かした。大日本プロレスの関本大介(40)もゼウス役で“参戦”している。
 公演は、東京・こくみん共済coopホールで27日から12月5日まで。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ