本文へ移動

福原遥、主演ドラマのクランクアップで涙… “お姉ちゃん”若月佑美&高梨臨と続編を期待

2021年11月26日 17時18分 (11月26日 21時06分更新)
『アンラッキーガール!』をクランクアップした(左から)高梨臨、福原遥、若月佑美(C)読売テレビ

『アンラッキーガール!』をクランクアップした(左から)高梨臨、福原遥、若月佑美(C)読売テレビ

 女優の福原遥が、主演する読売テレビ・日本テレビ系プラチナイトモクドラF『アンラッキーガール!』(毎週木曜 後11:59)のクランクアップを迎えた。監督から花束を受け取った瞬間、思わず感極まり「泣く予定じゃなかったのに」と目に涙を浮かべたが、何とか気を取り直し、ずっと現場を明るくして来た笑顔であいさつした。
 今作は福原演じる主人公・福良幸、若月佑美が演じる朝倉香、高梨臨が演じる綾波樹の“世界一不運”な3人のオンナたちが、次々にトラブルに巻き込まれながらも、幸せを掴もうと奮闘していくアンラッキーコメディー。あるときは全身泥まみれになり、またあるときは顔面にケーキをぶつけられ…と、往年のバラエティーさながらの体を張った撮影の連続となった。
 クランクアップは3人で迎え、福原は「主演ということでクランクインまですごく不安でしたが、優しいスタッフさんや温かい共演者の方々に支えてもらい、撮影を終えることができました。お姉ちゃん2人(若月、高梨)にもいっぱい甘えさせていただいて、本当に毎日が楽しかったです。お別れするのは寂しいですけど、もっともっと女優として努力して、また皆さんとお会いできるように頑張りたいと思います」と主役らしくコメント。
 若月は「無事に撮影を終えられてほっとした気持ちです。アンラッキーな香たちが遭遇する出来事やアクションの撮影は大変でしたが、私たちのために準備し、支えてくださったスタッフさんに感謝しています」、高梨も「本当に毎日楽しかったし、自分の中でも新しい役柄に挑戦できてよかったです。これからは視聴者として、完成を楽しみにしています」と、2ヶ月半の撮影を振り返った。
 撮影ですっかりチームワークが芽生えた3人は日頃から連絡を取り合っており、「もう続編に向け計画を練ってるんです。シーズン2と映画化、よろしくお願いします!(笑)」と笑顔でスタッフにお願いした。
 25日放送の第8話では、強盗事件の主犯として、卓海(板垣瑞生)が逮捕されてしまうことに。濡れ衣を着せられた卓海を救うべく、強盗事件について調べる幸ら3人だったが、いつの間にか警察に追われる身に……。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧