本文へ移動

中村獅童、初お目見えの長男に嫉妬心メラメラ!?「陽喜においしいところを持っていかれないように」スケベなところもソックリ!?

2021年11月26日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見に登場した中村獅童(右)と長男の小川陽喜くん

記者会見に登場した中村獅童(右)と長男の小川陽喜くん

 歌舞伎俳優の中村獅童(49)と長男の小川陽喜(はるき)くん(3)が26日、東京都内で「壽 初春大歌舞伎」(東京・歌舞伎座、来年1月2~27日)の会見に出席。陽喜くんは第一部の「祝春元禄花見踊(いわうはるげんろくはなみおどり)」で初お目見えする予定で、獅童は親子共演の喜びとともに「舞台に立ったらライバル。陽喜においしいところを持っていかれないように気を付けたい」と関心が集中する息子に嫉妬心もあらわにして盛り上げた。
 陽喜くんは大勢の報道陣にも「緊張してません」ときっぱり。笑顔や見得を切るリクエストにも堂々と応える役者ぶりで、獅童も「一切教えてない。いつの間にそんなことができるようになったんだ?」と驚いていた。
 陽喜くんは獅童が初音ミクと共演した「超歌舞伎」を観劇したり映像を見て、父親のくまどり姿に仮面ライダーやウルトラマンのようなヒーローを重ねるようになり、自然に「歌舞伎に出たい」と言うようになったという。この日も将来出たい演目に「超歌舞伎」と即答していた。
 父親の初代中村獅童が廃業したため「親子で金びょうぶの前に立つのは変な気分」と率直な心境も明かした獅童。私生活では「親子というより友だち」と話し、2人で映画「燃えよ剣」を見た際のエピソードも披露。「陽喜が出てきた女優さんを見て『あれ舞妓ちゃん?』と。スケベなんですね。誰に似たんでしょうね?」と笑わせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ