本文へ移動

【浜中俊コラム】京都2歳Sのシホノスペランツァ、相手関係がどうかだが成長を感じ楽しみ

2021年11月27日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

 ボッケリーニとのコンビで挑んだ先週土曜の阪神メイン・アンドロメダSは、無念の2着でした。直線で馬群を割って鋭く伸びて、外のラーゴムと並んでゴールへ。かなり際どくて、勝ったか負けたか全く分からず、勝っていることを願いましたが、残念ながら鼻差負けでした。着差が着差だけに悔しい結果でしたが、夏の時より明らかに状態が上向いていましたし、今後が楽しみになりました。次走は中日新聞杯。昨年勝っているレースで、コースも合うので連覇へと導けるよう頑張りたいです。
 土曜は阪神です。1Rのカガヤキホコレは現状はスピード不足なので、ダートはいいはず。ただ、一変まではどうかなというのが正直なところ。4Rのトウカイイグニスは、初戦は非力で頼りない面があったので、使われてどれだけ変われるか。10Rのメイショウヨカゼは最近乗っていないので分からない面はありますが、自分が騎乗した時はいつも成績がいいので、いいイメージを持っています。
 11Rのシホノスペランツァは調教の動きがどんどん良くなっていて、成長を感じます。今回は重賞で相手関係がどうかですが、状態がいいので、どれだけやれるか楽しみです。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ