本文へ移動

【中日】立浪監督が根尾昂に来季外野1本で勝負させることを通達「競争だけどレギュラーのチャンスがある」

2021年11月26日 16時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋季キャンプでノックする立浪監督

秋季キャンプでノックする立浪監督

 中日の立浪和義監督(52)が秋季キャンプ最終日の26日、根尾昂内野手(21)について来季外野1本で勝負させることを明言した。
 立浪監督は今キャンプでの動きを見極めた上で来春までに一本化させる意向を示していたが、この日、本人に通達したという。指揮官は「内野もうまくなっているけど、外野で勝負した方が彼の肩なども生きると思う。打てれば、競争だけどレギュラーのチャンスがある」と話した。
 根尾は今季初めて開幕スタメン出場し5月にはプロ初本塁打を放つなど存在感をみせたがその後壁にぶつかり後半戦は2軍暮らしが続いていた。今季は72試合打率1割7分8厘、1本塁打、16打点だった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ