本文へ移動

秋ドラマランキング、杉咲花主演『恋です!』が通算4度目の1位 独走する日テレと追うTBS

2021年11月26日 16時00分 (12月1日 15時06分更新)
『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(C)日本テレビ系/毎週水曜よる10時放送

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(C)日本テレビ系/毎週水曜よる10時放送

 日テレとTBSの激しい首位争いが続く秋ドラマの満足度ランキング。最新の調査(11月9日~11月15日放送を対象)では、杉咲花主演『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)が2週連続1位をキープ。2位の吉高由里子主演の『最愛』(TBS系)はその差を詰めて猛追している。
 先週の1位返り咲きから、今週も首位をキープした『恋です!』。6話目までで通算4度目の1位を獲得している。同作のこれまでの満足度は、初回81Pt(100Pt満点)から90Pt、98Ptと3話目までで満点直前まで一気に急上昇。その後も95Pt、98Pt、97Ptと高評価を維持している。
 そんな同作への支持のなかで、毎週とくに絶賛の声が寄せられるのが、杉咲花の演技力だ。満足度の「主演」の項目は、6話中3話の放送で20Pt満点を獲得している。
 視聴者からは、「可愛らしくて応援したくなる」、「頑張っているユキコに会いたくて毎週観ている」、「視覚障害者を取り巻く環境や生きづらさ、周囲の人とのかかわりが多面的に描かれている」、「しっかりと現実を生き、そこに抱える思いを自然に伝える杉咲花さんの芝居が素晴らしい」など、20代の女性から40代の男性まで、幅広い層からコメントが寄せられた。
 2週連続で2位につけている『最愛』は、前週の94Ptから96Ptへと上昇。首位との差をわずか1ポイントまで縮めている。同作も、初回87Ptから満足度を上昇させ、2話目以降は90ポイント台中盤を推移。毎週ストーリーが激しく展開するサスペンス物語だが、話数を重ねながら恋愛ドラマの要素も色濃く、主人公に感情移入する視聴者も増えているようだ。この先のさらなる満足度上昇も十分期待できる。
 日テレとTBSのし烈な首位争奪戦が続く秋ドラマ。これからラストに向けて、どんな展開を迎えるのか。2局の攻防戦も目が離せない。
●「ドラマ満足度ランキング」とは
「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧