本文へ移動

【ジャパンC】「いつになく素軽い」アリストテレス、重賞7度参戦で6度目の馬番⑨を歓迎「前に行ってしぶとさが生かせれば」

2021年11月26日 14時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アリストテレス

アリストテレス

◇第41回ジャパンカップ(28日・G1・東京・芝2400メートル)
 京都大賞典2着からG1初制覇を狙うアリストテレスは26日、栗東坂路を流して最終調整。軽快な動きに蛭田助手は「調子はいつも通りだけど、いつになく素軽い」と期待十分だ。
 5枠9番はコントレイルに肉薄した昨年の菊花賞や、重賞初制覇を飾った今年のAJCCと同じ縁起のいい枠番。同助手は「ほんとに9番が多いよね」と7戦目の重賞で6度目となる馬番9番を不思議がりつつも歓迎。「距離はこれぐらいがいい。切れるタイプではないので、ある程度前に行ってしぶとさが生かせれば」と一発に期待していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ