本文へ移動

【ジャパンC】軽めキャンターの外国馬グランドグローリー「引退レース…5着以内を」陣営は順調アピール

2021年11月26日 14時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京競馬場のダートコースで調教するグランドグローリー

東京競馬場のダートコースで調教するグランドグローリー

◇第41回ジャパンカップ(28日・G1・東京・芝2400メートル)
  前日に東京競馬場入りしたグランドグローリーは、ダートコースで軽めのキャンター。右回りと左回りでそれぞれ半周ほどして体をほぐした。
 騎乗したアナイス・デュモン助手は「初めての東京競馬場で、前日までいた白井(競馬学校)の環境とは違う広さにストレスを感じているようだった。調教が終わるころには落ち着いていた。カイバを良く食べて状態は良いです。彼女はジャパンCが引退レースとなる。われわれとしては5着以内を目指しています」と、順調ぶりをアピールした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ