本文へ移動

ODA資金の一部返納を検討 外務省、工事遅延の事業対象

2021年11月26日 16時00分 (11月26日 16時00分更新)
 外務省は二十五日、政府開発援助(ODA)の見直し策として、途上国向けの無償資金協力のうち工事の進展が見込めない事業を中止し、国庫への資金返納を検討すると発表した。財務省が十月に開いた審議会で、使われないODA資金が国際協力機構(JICA)に滞留しているとの指摘が出たことを踏まえた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報