本文へ移動

絶滅危惧種アムールトラのすみか守れ 頭数回復も森林破壊止まらず

2021年11月26日 16時00分 (11月26日 16時00分更新)
ロシア極東アレクセエフカの保護施設でリハビリ中のアムールトラ=10月9日(共同)

ロシア極東アレクセエフカの保護施設でリハビリ中のアムールトラ=10月9日(共同)

  • ロシア極東アレクセエフカの保護施設でリハビリ中のアムールトラ=10月9日(共同)
 ロシア極東の森で生態系の頂点に立つ象徴的存在、アムールトラの生息数が最悪期を脱し、ソ連末期の三倍の約六百頭まで回復している。保護活動や密猟への罰則強化が功を奏した形だが、依然として生息する森林の破壊は止まらず、人間との接触がトラブルとなるケースも。専門家は森林保護と地元住民の理解が不可欠だと訴える。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧