本文へ移動

使える「ごみ」は消費社会の矛盾 環境活動家、夜のNYを巡回

2021年11月26日 16時00分 (11月26日 16時00分更新)
米ニューヨーク市中心街で古物店から出た廃棄物を見回るアナ・サックスさん(右)。通りかかった人と品定めすることもある=杉藤貴浩撮影

米ニューヨーク市中心街で古物店から出た廃棄物を見回るアナ・サックスさん(右)。通りかかった人と品定めすることもある=杉藤貴浩撮影

  • 米ニューヨーク市中心街で古物店から出た廃棄物を見回るアナ・サックスさん(右)。通りかかった人と品定めすることもある=杉藤貴浩撮影
  • 傷つけられた有名ブランドのかばん。アナ・サックスさんがSNSに投稿した映像が反響を呼び、企業側は改善策を発表した=本人のTikTok(ティックトック)から
 米ニューヨーク市中心街の夜に、商店や企業が路上に出したごみをチェックして歩き回る一人の女性がいる。かばんや本、雑貨…。まだ使えそうなものは寄付に回し、企業が自社の利益のために自ら傷つけて捨てた売れ残り品などがあればネットで公開して改善を迫る。「私たちの豊かさは無駄と隣り合わせ」。そう訴えるアナ・サックスさん(30)の夜に同行した。 (ニューヨーク・杉藤貴浩)
 十一月半ばの午後八時、カフェや商店がシャッターを下ろすころ、ニューヨーク市中心部アッパーウエストサイド地区にサックスさんが現れた。比較的裕福な地域の古物店の前だ。
 「ここはいつもきれいな状態の中古品が出るから」。サックスさんはそう話すと、路上に出されたごみ袋を開け始めた。出てきたのは、洗えば使えそうなリュックサックや手提げかばん、大きな傷の見当たらない傘や絵画。「何か持って行きますか?」。笑顔で作業を進めながら、持参したカートに積んでいく。品々は寄付したり、自宅周りに無料で置いたりするという。
 活動を始めたのは四年前。激務だった投資銀行を辞め、環境問題に取り組むことを決めた。「私たちが路上に捨てているごみは、本当にごみなんだろう...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧