本文へ移動

東京オペラ協会が全国縦断コンサート 30日に名古屋へ

2021年11月26日 16時00分 (11月26日 16時00分更新)
東京オペラ協会代表の石多エドワード

東京オペラ協会代表の石多エドワード

 市民と共に楽しめるオペラを目指す「東京オペラ協会」が30日、名古屋・伏見の電気文化会館ザ・コンサートホールでコンサート「〜こんなに空が青い〜」を開く。代表の石多(いした)エドワードは「みんなが仲良く元気になれる歌を届けたい」と意気込む。
 全国9カ所の縦断コンサート。名古屋公演が皮切りで歌手6人が出演する。第1部では石多が、太平洋戦争の苦難を乗り越えた日本人の父、スペイン系フィリピン人の母のもとで生まれた自身の生い立ちを語りながら、自作の歌曲集「こんなに空が青い」などを紹介する。第2部では、石多の台本で柴田南雄が作曲、世界各地で150回の公演を重ねたオペラ「忘れられた少年−天正遣欧少年使節」の代表曲を歌い継ぐ。
 午後7時開演、3000円。(問)一般財団法人夢ノ社=電052(253)6669 (築山栄太郎)

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメの新着

記事一覧