本文へ移動

門倉早彩 お笑い芸人で会社員

2021年11月26日 16時00分 (12月3日 17時41分更新)
写真・板津亮兵

写真・板津亮兵

面白さも安定も頭使い分け追求

 テレビ番組に数多く出演するほか、歌手デビューを果たすなど芸能活動の幅を広げるお笑いコンビ「ラランド」のサーヤこと門倉早彩さん(25)。活躍の一方、広告代理店で会社員として勤務を続ける。売れっ子芸人がなぜ会社員を続けるのか。その理由や現在の働き方、今後の目指す先などを聞いた。 (神尾大樹)
 -お笑いを始めたきっかけは。
 初めてネタをやったのは中学二年の時です。小さい時から近所のレンタルビデオ屋さんでお笑いバラエティー番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」を全部借りて見ていたくらいお笑いはずっと好きで。たまたま隣に座っていた子と仲良くなって「文化祭で漫才やってみようよ」と声をかけて始めました。大学のオープンキャンパス(受験生対象の説明会)で見た上智大のお笑いサークルがめちゃくちゃ面白くて。志望校だった上智に入れたらお笑いをやろうと思っていました。
 -大学生のお笑いコンテストでは優勝を重ねた。進路に芸能事務所の選択肢は。
 何社かは直接会って話を聞きましたが、実家にお金を入れるために会社員をやりたいと思っていました。事務所に所属すると、平日にライブへ出ないといけなか...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報