本文へ移動

事前申請 きょうから 白山市パートナーシップ宣誓制度

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 10時49分更新)
白山市がパートナーシップ制度で交付する受領証の見本=白山市提供(画像は一部加工)

白山市がパートナーシップ制度で交付する受領証の見本=白山市提供(画像は一部加工)

 白山市が十二月十日の世界人権デーに合わせて開始する「市パートナーシップ宣誓制度」で、市は二十六日、希望するカップルが市役所に宣誓に訪れる日時の事前申し込みを始める。告知チラシや利用の手引、理念を表した新ロゴマークも作った。
 同宣誓制度では、同性や異性のカップルを市が公的に認定し、婚姻に準じた幅広い権利を認める。これまで夫婦でなければ利用できなかった市営住宅の入居が可能になり、市内の公立病院ではパートナーの家族として扱われる。
 認定を受けるには、土日祝日を除く十日前までに日時を予約し二人で来庁し、宣誓書を提出する。電話やメールで予約できる。
 チラシは千五百枚を作製。「多様な個性、ちがいを認め合おう」と記し、恋愛感情の対象や自己の性自認、服装などの表現、身体的特徴として四つの「性」が人にあることや宣誓制度の開始を紹介。
 利用の手引は全十四ページで、宣誓ができる対象や手続き方法などを掲載している。
 (問)市民相談室076(274)9531(吉田拓海)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧