本文へ移動

<東濃駅伝ラン紀行 記者が走った全8区> (5区)屈指の古刹、桜堂薬師

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 11時20分更新)
桜堂薬師には貴重な仏像や絵馬などが残る。展示の舞楽面は県重要有形文化財の実物を拡大した陶器製=瑞浪市土岐町で

桜堂薬師には貴重な仏像や絵馬などが残る。展示の舞楽面は県重要有形文化財の実物を拡大した陶器製=瑞浪市土岐町で

  • 桜堂薬師には貴重な仏像や絵馬などが残る。展示の舞楽面は県重要有形文化財の実物を拡大した陶器製=瑞浪市土岐町で
 中山道東濃駅伝の八区間を単独で巡る記者(51)のラン紀行は、瑞浪市内の五区(六・九キロ)に入った。四区同様、土岐川に沿って県道武並土岐多治見線を進み続ける。土岐川の川幅も次第に広くなってきた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧