本文へ移動

<空から見たぎふ いまむかし> 岐阜競輪場

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 11時11分更新)
現在の岐阜競輪場周辺=岐阜市で、本社ヘリ「あさづる」から

現在の岐阜競輪場周辺=岐阜市で、本社ヘリ「あさづる」から

  • 現在の岐阜競輪場周辺=岐阜市で、本社ヘリ「あさづる」から
  • 1959(昭和34)年の岐阜競輪場。周囲は田園地帯だった=岐阜市で
 戦後復興の資金集めの一環として、各地で始まった競輪。岐阜にできたのは、一九四九(昭和二十四)年のことだ。元岐阜市職員の谷藤(やとう)茂俊さん(79)が初めて訪れたのは、小学生のころ。父に連れられて。まわりに建物はなく、やけに見晴らしが良かった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧