本文へ移動

恐竜 “冬眠”  雪に備え保管、囲い  

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 09時46分更新)

 大野市と勝山市にある子どもたちや観光客らに人気の恐竜モニュメントなどが二十五日、降雪に備えて、倉庫に移されたり、雪囲い取り付けのため広い場所に移動されたりして、来春までの冬ごもりに入った。

道の駅「九頭竜」から“冬ごもり”のため移動する恐竜親子のモニュメント=25日、大野市朝日で


 大野道の駅「九頭竜」


 ○…大野市の道の駅「九頭竜」のシンボル「恐竜親子」のモニュメントが、積雪に備えて近くの倉庫に保管された。
 モニュメントは同道の駅がある和泉地区で一九九六年に日本最古のティラノサウルス科の歯が発見されたことにちなんだもので、親が全長一二・〇メートル、高さ三・八メートル、重さ三トン、子どもが全長四・六メートル、高さ一・八メートル、重さ一トンある。
 雨が降る中、道の駅や市の職員らが親子のモニュメントをロープでつないでトラックでけん引し、一キロ離れた同市板倉の格納庫に運び入れた。
 道の駅への再設置は来年三月下旬以降に積雪状況を見ながら判断する。市産業政策課企画主査の古川滋さんは「コロナが収まり、春になったら恐竜親子に会いに来て」と話した。 (山内道朗)

積雪対策を施すため、広い場所に移動させるロボット恐竜=25日、勝山市の長尾山総合公園で


 勝山「ディノパーク」

 ○…勝山市の県立恐竜博物館がある長尾山総合公園では、ロボット恐竜や恐竜モニュメントなど雪囲いを取り付けるために広い場所に移動させた。
 公園を管理するNPO法人「恐竜のまち勝山応援隊」のスタッフが園内各所で今月初めから作業を開始。休業期間に入っている「かつやまディノパーク」では大きなクレーンを使って、パーク内に四十四体あるロボット恐竜のうちの三体を移動させた。
 クレーンで移動したのは、ティタノサウルス(全長一二・〇メートル)とマイアサウラ(同九・〇メートル)、アンキロサウルス(同七・〇メートル)で、スタッフらがクレーンに取り付けてゆっくりと持ち上げ、近くの通路や広場に運んだ。この後、シートで覆ったり、屋根を付けたりして雪に備える。園内の土の上で動いていた恐竜たちが、固い路面に出てきてじっと春を待つ。
 雪囲いなどの作業は園全体で今月いっぱい続く予定。来シーズンの営業について同法人では「三月下旬で、春休みに合わせて再開したい」としている。 (平林靖博)

関連キーワード

おすすめ情報