本文へ移動

がん検診「迷わずに」 死者増加を不安視

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 05時01分更新)
 昨年は新型コロナウイルスの流行で一般医療が制限され、例年なら見つかるはずのがんが見つからなかったとの傾向が、国立がん研究センターが二十五日発表した集計で明らかになった。日本は近年、がんの早期診断と治療薬の進歩で生存率を上げてきたが、診断遅れにより、今後はがんの死者の増加が懸念される。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報