本文へ移動

辺野古設計変更を不承認 沖縄知事「無意味な工事」

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 05時01分更新)
記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=25日午後、県庁で

記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=25日午後、県庁で

 沖縄県の玉城デニー知事は二十五日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に対応するため、防衛省沖縄防衛局が申請した設計変更を不承認とした。玉城氏は記者会見で「完成の見通しが立たず、事実上、無意味な工事をこれ以上継続することは許されない」と強調。政府は速やかに対抗措置を取るとみられる。法廷闘争に発展する可能性が高く、対立激化は必至だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報