本文へ移動

あなたに合ったお歳暮を 名古屋の百貨店で商戦最盛期

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 05時01分更新)
手土産の代わりの「帰省暮」や自分用のスイーツなどが並ぶお歳暮ギフト=名古屋・栄の松坂屋名古屋店で

手土産の代わりの「帰省暮」や自分用のスイーツなどが並ぶお歳暮ギフト=名古屋・栄の松坂屋名古屋店で

  • 手土産の代わりの「帰省暮」や自分用のスイーツなどが並ぶお歳暮ギフト=名古屋・栄の松坂屋名古屋店で
 名古屋市内の百貨店で、お歳暮商戦が最盛期を迎えている。各社とも新型コロナウイルスの流行が落ち着いても年末年始の帰省控えや巣ごもり需要は一定程度続くとみて、自宅用や自分向けの商品として豪華な食材を使った料理やスイーツなどを展開。オンライン販売にも力を入れる。
 松坂屋名古屋店(栄)は、古里に帰省しない人が身内への手土産の代わりに贈る「帰省暮(きせいぼ)」や自分への「ご褒美」としての需要が見込める商品を展開。黒毛和牛のビーフシチュー入りのハンバーグ(二個入り五千九百四十円)や、国産イチゴでバラの花びらをかたどったティラミス(五個五千百八十四円)をそろえる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報