本文へ移動

【富山】リフト設置 近づく開場 立山山麓スキー場

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 09時52分更新)
リフトの座席部分を取り付ける作業員=25日、富山市の立山山麓スキー場で

リフトの座席部分を取り付ける作業員=25日、富山市の立山山麓スキー場で

 富山市の立山山麓スキー場で二十五日、今季の営業開始に向け、リフトに座席を取り付ける作業が本格的に始まった。雪が順調に積もれば、十二月十一日にオープンを予定している。
 二十五日は七基の営業リフトのうち、極楽坂エリアのリフトで作業が行われた。オフシーズンは取り外していた四人乗りの座席八十二個をリフトのワイヤに設置していった。約一週間で全リフトへの取り付けを終え、オープンまでに試運転して安全を確かめる。
 昨季は積雪に恵まれ、コロナ禍で遠出を控えた地元住民の来場が多かったこともあり、十一万二千三百六十二人が利用した。
 スキー場を経営する大山観光開発の森井正秀社長は「やっとシーズンを迎える。コロナの感染状況は読めないが、感染対策はきちんと行っている。地元のスキー場として昔から親しまれてきた。今年も皆さんに来ていただきたい」と話した。 (西村理紗、写真も)

関連キーワード

おすすめ情報