本文へ移動

3試合連続1点差決着は2003年ダイエー―阪神戦以来、シリーズ最長は4試合連続【日本シリーズ】

2021年11月25日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回、ヤクルト・青木(右)を二ゴロに打ち取り試合終了、ガッツポーズするオリックス・平野

9回、ヤクルト・青木(右)を二ゴロに打ち取り試合終了、ガッツポーズするオリックス・平野

◇25日 日本シリーズ第5戦 ヤクルト5―6オリックス(東京ドーム) 
 ヤクルト―オリックスは第3戦から5―4、2―1、5―6と3試合連続1点差で決着。3試合連続1点差で勝敗が決まったのは2003年、ダイエー―阪神第3戦から第5戦の1―2、5―6、2―3以来。シリーズの最長1点差試合は1960年大洋―大毎の第1戦から1―0、3―2、6―5、1―0、92年西武―ヤクルトの第4戦から1―0、6―7、7―8、2―1の4試合連続。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ