本文へ移動

ヤクルト惜敗も…山田&村上に本塁打!“攻撃の肝”2人の復調は神戸へ向け好材料【日本シリーズ】

2021年11月25日 22時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回、勝ち越しソロを放ち、ナインに迎えられるヤクルト・村上

4回、勝ち越しソロを放ち、ナインに迎えられるヤクルト・村上

 村上に第1戦の2ラン以来となるシリーズ2号ソロが出た。同点とされた直後の4回、先頭で山崎福の速球を左中間席へ。カウント2―2から低めへの5球目を逆らわずに逆方向に運んだ。
 「同点に追い付かれた直後だったので、チャンスメークしようという気持ちで打席に入りました。大振りせずコンパクトに打つことができました。すぐに流れを持ってこれたので良かったと思います」
 最終的には逆転されたが、主砲にとって久々の快音だった。第1戦の最終打席でアーチをかけた後、第2戦では安打を1本放ったものの、第3、4戦と無安打だった。
 前を打つ山田にも3ランが出て、看板の3&4番で得点を稼ぐ形ができた。高津監督も「長打が打てる選手、期待している選手の前にランナーを置いてどうやって得点していくか、彼らがどうやって打点を取っていくか。そういうところだと思う」と攻撃の肝と見ている2人。その打球が高く舞い上がったのは、神戸での戦いに向けてプラス材料となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ