本文へ移動

<挑む> テヅカ精機社長・手塚良太さん(35)

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 05時00分更新)
事業多角化への思いなどを語る手塚社長=木曽町日義で

事業多角化への思いなどを語る手塚社長=木曽町日義で

  • 事業多角化への思いなどを語る手塚社長=木曽町日義で
 車載用電子部品組立など精密機器製造を事業の柱に、電機設備や建設の新規事業に進出。県内企業のM&A(企業の合併・買収)にも力を入れ、事業の多角化を進めている。手塚良太社長(35)は、過疎化が進む木曽地域の会社として企業理念に「ものづくりからまちづくりへ」を掲げ、過疎に負けない会社づくりと多くの人が働きたくなる職場づくりを目指し、地域の活性化にもつなげている。
 −会社を継いで力を入れてきたことは。
 学生時代からバンド活動にのめり込み、はじめは会社を継ぐつもりはなかった。転機は二〇一三年。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧