本文へ移動

巨木、豪快に色づき 静岡市葵区「黒俣の大イチョウ」

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 05時03分更新)
色づく黒俣の大イチョウ=静岡市葵区黒俣で

色づく黒俣の大イチョウ=静岡市葵区黒俣で

 静岡市葵区黒俣の県天然記念物「黒俣の大イチョウ」が見頃を迎えている。高さ約二十メートルの巨木が豪快に色づき、見物客や地元住民らを喜ばせている。
 小高い丘陵に立ち、樹齢は約五、六百年とも言い伝えられる。住民に親しまれ、約二十年前に近くに遊歩道と休憩所が整備された。
 緑の多い山間地の黒俣の中でイチョウの黄色が映え、県内外から見物客が訪れるという。見頃は十二月初めごろまでの見込み。
 農家民宿を営む柿平一恵(いちえ)さん(72)は「昔は子どもが木登りをするなど愛されてきた。黒俣のシンボルのような存在」と話した。 (中川紘希)

関連キーワード

おすすめ情報