本文へ移動

和太鼓道場 故郷盛り上げ 輪島出身 槌谷さん 来月から

2021年11月26日 05時00分 (11月26日 10時11分更新)
子どもたちに太鼓を教える槌谷雅也さん(右)=輪島市河井町で

子どもたちに太鼓を教える槌谷雅也さん(右)=輪島市河井町で

 輪島市出身のプロ太鼓奏者槌谷(つちや)雅也さん(26)が、十二月から能登地域を中心に和太鼓道場を始める。輪島や七尾、珠洲市などで無料体験会を開いており、「子どもから大人まで誰でも参加してもらい、心と体がスッキリするのを感じてもらいたい」と話している。
 槌谷さんは三歳で太鼓を始め、地元チーム「輪島和太鼓虎之介」で活動。高校卒業後の二〇一四年、プロの和太鼓集団「倭(やまと)−YAMATO」(奈良県明日香村)に加わった。米国やオランダなど二十カ国で千公演に出演してきたが、コロナ禍で演奏の機会は減少。そんな中で地元を盛り上げたいと考え始め、倭に所属のまま教室を開くことにした。「北陸は祭り太鼓が盛ん。もっと気軽にたたける場所をつくりたかった」と語る。
 二十四日に輪島市文化会館で開いた体験会には幼児から大人まで二十人ほどが参加。槌谷さんはばちの握り方や足の開き方など基本から説明した。
 ラポルト珠洲(珠洲市)で二十六日、同会館で二十七日、ワークパル七尾(七尾市)で三十日にも体験会を開く。申し込みは魂源堂(こんげんどう)太鼓道場本部=電0744(54)5531=へ。 (日暮大輔)

関連キーワード

おすすめ情報