本文へ移動

オリックス・ジョーンズが試合決める特大弾!チーム救ったヒーローは日本語で「最高!」と絶叫【日本シリーズ】

2021年11月25日 21時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回、勝ち越しソロを放ち、ガッツポーズするオリックス・ジョーンズ。左は頓宮

9回、勝ち越しソロを放ち、ガッツポーズするオリックス・ジョーンズ。左は頓宮

◇25日 日本シリーズ第5戦 ヤクルト5―6オリックス(東京ドーム)
 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(36)が9回に勝ち越しソロ。シリーズでは3打数ノーヒットと苦しんでいた切り札が、特大弾で試合を決めた。
 同点被弾に沈みかけた雰囲気を一振りでなぎ払った。5―5に追い付かれた直後の9回、先頭打者の代打で登場。ジョーンズは2ボールからヤクルトの守護神マクガフの高め直球を強振した。乾いた音を残した打球は打った瞬間に、それと分かる一撃だった。
 「今日の試合もギリギリの試合だったから、あの場面で打てて良かった。代打ということで準備はしっかりしていた。真っすぐが来たら、しっかり捉えようと考えていた。いい当たりだったので、手には感触は全くなかったよ」
 チームを救ったヒーローは日本語で「最高!」と絶叫し、お立ち台を締めくくった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ