本文へ移動

「どの下着つけていく?」内野の一人芝居に「恥ずかしかった」西島は苦笑い 劇場版『きのう何食べた?』アドリブシーンが話題に

2021年11月25日 21時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつに登壇した西島秀俊(右)と内野聖陽

舞台あいさつに登壇した西島秀俊(右)と内野聖陽

 俳優西島秀俊(50)と内野聖陽(53)が25日、東京都内で行われたダブル主演映画「劇場版『きのう何食べた?』」(中江和仁監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。
 同作では2人のアドリブシーンが話題になっているが、観客から「印象に残っているアドリブ」を聞かれた内野は「ちょっとえっちなアドリブとか、駄じゃれのアドリブが好きなんです」と回答。「例えば『どの下着つけていく?』とかそういうのは、原作の漫画にはまったくない。これは内野の一人芝居なんです」と話すと、西島は「みんな分かってますから。俺は恥ずかしかった」と苦笑していた。
 この日の観客には「10回見た」という猛者もいて、映画は3日の公開から22日間で興行収入10億2000万円、動員数は76万4000人を突破している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ