本文へ移動

三重・伊賀市議選の得票総数認定めぐる訴えを棄却 名古屋高裁

2021年11月25日 21時09分 (11月25日 21時15分更新)
3月にあった三重県伊賀市議選に立候補し、県選管の裁決で得票同数とされた北山太加視さん(65)と福村教親さん(59)が裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が25日、名古屋高裁であった。松村徹裁判長(萩本修裁判官代読)は県選管が認定した得票数に2票ずつ加えた1098票を2人の得票と判断したが、得票同数の結論は変わらないとして2人の訴えを退けた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報