本文へ移動

名古屋発の近鉄特急、扉1センチ開いたまま走行 運輸安全委「重大インシデント」

2021年11月25日 21時01分 (11月25日 21時05分更新)
 23日午後6時50分ごろ、近鉄名古屋線伊勢朝日駅付近を走行中だった近鉄名古屋発大阪難波行きの特急車両「アーバンライナー・プラス」の最後尾で、進行方向左側の扉1枚が約1センチ開いているのを車掌が見つけた。近鉄は25日、運輸安全委員会から「重大インシデント」に認定されたと発表。最大で3分間、3・7キロにわたり開いたままだった可能性があるという。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報