本文へ移動

ヤクルトファンの渡辺明名人「今日落とすと、ほとんど互角」王手かけて臨む第5戦の重みをツイート

2021年11月25日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺明名人

渡辺明名人

◇25日 日本シリーズ第5戦 ヤクルト―オリックス(東京ドーム)
 ヤクルトファンとしても知られる将棋の渡辺明名人(37)が、ヤクルトが王手をかけて臨む25日の第5戦を前にツイッターを更新。七番勝負を積み重ねてきた経験を踏まえ、「第6戦は山本由伸投手が予想されているので、今日の第5戦を落とすと、ほとんど互角かと」と、第5戦の持つ重みをつぶやいた。
 渡辺名人はさらに「(ヤクルトは)将棋で言えば3勝1敗とリードしているけど、先手番の第5局を落とすと、ほぼリードがなくなる、という状況ですね」と分析。「(ヤクルトが第5戦で敗れた場合)3勝2敗で迎える第6局にしても、そこが先手なのか後手なのかで印象はかなり違います」と、愛するチームのために勝負眼を研ぎ澄ませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ