本文へ移動

広陵1年生スラッガー真鍋が大阪桐蔭の同学年左腕・前田から意地の右前打【明治神宮大会・高校の部】

2021年11月25日 18時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1年生4番として活躍した広陵の真鍋慧内野手

1年生4番として活躍した広陵の真鍋慧内野手

 ◇25日 明治神宮大会最終日(神宮球場) 大阪桐蔭10―7広陵
 広陵の注目の1年生スラッガー・真鍋慧は3安打2打点と気を吐いた。5回に一塁への適時内野安打を放つと、6回には左中間を破る適時二塁打。8回には大阪桐蔭の同学年左腕・前田と対戦し、「絶対に打ってやろうと思っていた」と内角直球を右前に運んだ。
 花巻東・佐々木ら1年生の活躍が目立つ中、真鍋も15打数8安打、5打点、1本塁打を記録。「安打をたくさん打てたのでよかった」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ