本文へ移動

サンタナ激走でヤクルトが先手!併殺打の間に先制ホーム【日本シリーズ】

2021年11月25日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏無死一塁、中村の左前打で三塁へ滑り込むサンタナ

2回裏無死一塁、中村の左前打で三塁へ滑り込むサンタナ

◇25日 日本シリーズ第5戦 ヤクルト―オリックス(東京ドーム)
 20年ぶり日本一に王手をかけているヤクルトが、ドミンゴ・サンタナ外野手(29)の好走塁などで先手を取った。
 2回、先頭のサンタナがオリックス先発左腕・山崎福のボールを見極めて四球。中村が左前打で続くと、サンタナは積極的な走塁で三塁に進んだ。無死一、三塁、オリックス内野陣は前進守備は敷かず、ホセ・オスナ内野手(28)の三ゴロ併殺打の間にサンタナが先制のホームを踏んだ。
 前日まで2戦連続弾を放っていたサンタナ。この日は走塁で見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ