本文へ移動

賞金王争い静かなスタート!ランク2位・木下稜介「意識している」27位から巻き返す【カシオワールドオープン】

2021年11月25日 17時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
賞金ランク1位のCキムに2打遅れを取った木下

賞金ランク1位のCキムに2打遅れを取った木下

 ◇25日 男子ゴルフ 第1日 カシオワールドオープン(高知・Kochi黒潮CC)
 激しい賞金女王争いを展開している女子ツアーとは対照的に、男子の賞金王を競っている上位4人は、いずれも初日からおとなしかった。前週終えてランクはチャン・キム(米国)、木下稜介(ハートランド)、金谷拓実(ヨギボー)、星野陸也(興和)の順で、1位から4位の賞金差は約2400万円。2位以下の選手は優勝すれば一気にトップに立てるが、初日を終えて最上位は4アンダーで8位のキムだった。前週優勝争いをした木下は、2アンダーの27位。「賞金王はすごく意識している」と、巻き返しを期した。星野も同スコアだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ