本文へ移動

『ファンは戻って来るのを望んでいた』 筒香パイレーツ再契約に歓迎の声 来季ルール変更が追い風か

2021年11月25日 14時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
パイレーツ・筒香(AP)

パイレーツ・筒香(AP)

 内外野をこなすFAの筒香嘉智選手(29)が、昨季後半に在籍したパイレーツと年俸400万ドル(4億6000万円)の1年契約に合意した。24日、複数の米メディアが報じた。身体検査を経て、近日中に正式発表される見込み。
 ルール変更が確定的となったタイミングが、和製大砲にとって追い風になったようだ。パイレーツの地元スポーツサイト、トライブスポーツのゴーマン記者は「来季のDH(指名打者)導入がはっきり見えているからこその再契約だろう。筒香はパイレーツで9試合しか一塁守備がなく、右翼では散々だった」とツイートした。
 現行の労使協定は12月1日に失効するため、大リーグ機構とオーナー陣は現在、新協定の締結に向けて交渉中。難航が予想される中、パイレーツが所属するナ・リーグでも来季からDH制を採用する点については“既定路線”として同意していると報じられている。
 他のメディアも、今回の再契約を祝福した。球団地元紙ピッツバーグ・ポストガゼットは「筒香との再契約は、ファンが今季終了時から大声で求めていた動きだった。ファンはチームでも数少ない長距離砲が戻って来るのを望んでいた」と歓迎した。
 AP通信のグレーブス記者は「パイレーツにとって何も発表がない(感謝祭の)ホリデーシーズンはあり得ないから、何とか筒香との1年契約にこぎ着けた」と、パイレーツファンにとって“感謝をささげられるプレゼント”になったと伝えた。
 筒香はメジャー2年目の今季、レイズとドジャースを退団後の8月にパイレーツと契約。そこから出場わずか43試合(144打席)ながら、打率・268、8本塁打、25打点、OPS(出塁率+長打率)・883と活躍した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ