本文へ移動

尾川堅一「日本人としてこの会場で初勝利を」 王座決定戦へ気合十分も、英語力は未知数!?【ボクシング】

2021年11月25日 14時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見に臨む(左から)フジレ、ハーン・プロモーター、尾川(帝拳ジム提供)

会見に臨む(左から)フジレ、ハーン・プロモーター、尾川(帝拳ジム提供)

 ボクシングIBFスーパーフェザー級王座決定戦(27日、米ニューヨーク、マディソンスクエアガーデンHuluシアター)に出場する同級3位の尾川堅一(33)=帝拳=が24日(日本時間25日)、現地で公式会見に臨んだ。
 試合を主催する大手プロモート会社マッチルームのエディ・ハーン会長(42)から他団体王者との統一戦について問われると「このタイトルは僕にとっても、応援してくれる全ての人たちにとっても重要なので、まずとってから統一戦に進みたいです」と回答した。
 会見後は市内のジムで練習。「今日も良い感じで動けました。会見は試合会場でしたが、会場内ではなく入り口。中に入れば気持ちももっと盛り上がるんでしょうね。日本人としてこの会場で初勝利を挙げて、これからの後輩につなげたいという気持ちもあったのですけどうまく言えませんでした、やっぱり英語はしゃべれた方が良いですね(笑)」と、所属ジムを通じてコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ