本文へ移動

世界一長い鉄板で焼き肉を、29日に挑戦 飯田の鉄工所で製作着々

2021年11月25日 05時00分 (11月25日 15時47分更新)
重さ約500キロ、長さ11・29メートルにものぼる鉄板=飯田市で

重さ約500キロ、長さ11・29メートルにものぼる鉄板=飯田市で

  • 重さ約500キロ、長さ11・29メートルにものぼる鉄板=飯田市で
  • 鉄板を製作する作業員
 飯田市鼎中平の「戸崎鉄工所」が、二十九日に同市内で開かれる「世界一長い」鉄板で焼き肉を楽しもうとのイベントに向け、長さ一一・二九メートルの鉄板を製作している。同日は「飯田焼肉の日」として一般社団法人日本記念日協会に登録されてから一周年。市内の企業などでつくる実行委員会は、節目に合わせたイベントを通じ、「最も長い鉄板」としてのギネス世界記録認定を目指している。
 鉄板は重さ約五百キロ。幅は七十センチ。実行委は鉄板製作やイベント開催のため、クラウドファンディングを実施し、支援した企業や個人の名前を鉄板の縁に刻印する。
 製作は今月中旬から始まり、今週末に完成する予定。当日は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧