本文へ移動

【ネタバレ注意】鈴木奈穂子アナ号泣「だめだもう…」 『カムカムエヴリバディ』まさかの展開に視聴者も涙腺崩壊

2021年11月25日 11時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木奈穂子アナウンサー

鈴木奈穂子アナウンサー

 NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第19話が25日放送された。恒例の朝ドラ受けに、もらい泣きする視聴者が続出した。
 以下、ネタバレを含みます。
 和菓子作りに意欲を取り戻した金太(甲本雅裕)は、おはぎを売る中で出会った少年に息子の算太を重ね、懐かしむといった回。だが幕切れとなる城田優のナレーションでまさかの展開を告げられ、視聴者を驚かせた。
 続きの枠の「あさイチ」では、表情をゆがめた鈴木奈穂子アナが映り、最初のあいさつでなんとか一礼するもすぐに顔を両手で覆って言葉がでない様子。「だめだもう。もう…」と言葉を詰まらせて号泣し、涙をぬぐった。
 家族がなごやかに過ごす映像が実は現実のことではなかったという展開だったため、博多華丸が「これは『まぼろし~』ってやつでしょう」。博多大吉は「この方に吹き飛ばしてもらいましょう」と発言。2人のフォローを受けた鈴木アナも賛同し「今朝のゲスト、IKKOさんです」と紹介した。ゲストのIKKOは威勢良く「よろしくおねがいします。まぼろし~」と決めぜりふを力いっぱい披露し、スタジオに笑顔を取り戻させた。
 ネット上では「朝から号泣 鈴木アナの号泣にさらにもらい泣き」「鈴木アナ、全視聴者の代弁者のようないい放送事故を起こしてくれました」「カムカムでやられたあとに、あさイチで涙腺崩壊したのは私だけではないはず」と今朝の朝ドラの展開と、朝ドラ受けに涙した人が相次ぐ結果に。「鈴木アナ」「涙腺崩壊」「もらい泣き」などがツイッターでトレンド入りした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ