本文へ移動

<ドラゴンズ戦士 豊橋からの挑戦> ドラフト5位・星野選手、市長に抱負

2021年11月25日 05時00分 (11月25日 12時04分更新)
浅井市長(右)と話す星野選手=豊橋市役所で

浅井市長(右)と話す星野選手=豊橋市役所で

 プロ野球のドラフト会議で中日ドラゴンズから五位指名された豊橋市の豊橋中央高校三年の星野真生選手(17)が二十四日、市役所を訪れ、浅井由崇市長にプロでの抱負を語った。
 星野選手は西尾市吉良中学校の出身で、堅守巧打の遊撃手。高校通算二十五本塁打を誇るパンチ力が持ち味で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧