本文へ移動

除雪車初出動 勝山、昨冬より21日早く

2021年11月25日 05時00分 (11月25日 09時49分更新)
道路に降り積もる雪を押し出していく除雪車=24日午前3時41分、勝山市北谷町谷の国道157号で

道路に降り積もる雪を押し出していく除雪車=24日午前3時41分、勝山市北谷町谷の国道157号で


 冬型の気圧配置となり寒気が入り込んだ影響で、奥越の山間部では二十三日午後から雪が降り、石川県境の勝山市北谷町谷の国道157号で二十四日未明、今冬初めて除雪車が出動した。県奥越土木事務所によると、除雪車の出動は昨冬より二十一日早く、平均より四日早い。
 同所では二十三日午後二時ごろから降雪し、二十四日午前一時に積雪量が基準の一〇センチを超えたため、同三時半に同事務所が除雪車一台を出動させた。
 県境の谷トンネルまでの三キロを走り、積もった雪を道路の外に押し出した。スタックする車もある中で、滞留が起こらないように道路の安全を確保した。
 福井地方気象台によると、二十四日の最低気温は勝山で十二月中旬並みの〇・八度、大野で二・二度、福井で五・七度など四地点で今季最低を記録(午後二時現在)。冬型の気圧配置は二十七日ごろまで続くという。 (平林靖博)

関連キーワード

おすすめ情報