本文へ移動

【日本シリーズ】オリックス・山崎颯が初登板好投が光 中嶋監督たたえた「本当によく投げました」

2021年11月24日 22時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト戦に先発。好投したオリックス・山崎颯一郎投手

ヤクルト戦に先発。好投したオリックス・山崎颯一郎投手

◇24日 日本シリーズ第4戦 ヤクルト2―1オリックス(東京ドーム)
 今季2勝の190センチ長身右腕、山崎颯は日本シリーズ初登板で5イニングを4安打の1点にまとめた。2回に先頭のサンタナに2ボールからの3球目、高めに浮いた151キロ直球を右翼席へ被弾。それでも中嶋監督は「本当によく投げました。いい投球でした」とたたえた。
 ただ、山崎颯本人は先制点を与えたことに「流れを引き込むような投球ができなかったのが悔しい」と声を絞り出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ