本文へ移動

夕方や夜、事故防止へ交通安全教室

2021年11月25日 05時00分 (11月25日 05時00分更新)
対向車のハイビームで署員が見えづらくなった蒸発現象=草津市下笠町で

対向車のハイビームで署員が見えづらくなった蒸発現象=草津市下笠町で

  • 対向車のハイビームで署員が見えづらくなった蒸発現象=草津市下笠町で
  • 児童の前で再現された、自転車と歩行者の事故=皇子山球場で
  • 児童らにバッティングを披露するブラックスの選手=皇子山球場で
 日没時刻が早まる時期に増える夕暮れ時の歩行者事故を防ごうと、草津署は、市内の高齢者約二十人を対象とした交通安全教室を、草津市下笠町の駐車場で開催。服装の色での見え方の違いや、対向車のライトの強い光で歩行者が見えなくなる「蒸発現象」を再現した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧