本文へ移動

【日本シリーズ】つば九郎、両チーム主力がOBの「あおがく」イジリ「たまにしぶやにいくとまいごに」

2021年11月24日 18時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリップでオリックス・吉田正をいじるつば九郎

フリップでオリックス・吉田正をいじるつば九郎

◇24日 日本シリーズ第4戦 ヤクルト―オリックス(東京ドーム)
 ヤクルトのマスコット「つば九郎」が試合前、ヤクルトの先発・石川、オリックス3番・吉田正、4番・杉本らの母校、青学大野球部をネタに会場を和ませた。
 ネット裏に登場したつば九郎は「きょうのひとこと」として、来場客への感謝とともに「私が東京ヤクルトスワローズのT―ばくろうこと、つばくろうです」とオリックスのT―岡田を強烈に意識。
 いつもの画用紙を使い「よしだくん、らおう(杉本)といえば、おしゃれでめいもん、あおやまがくいん、りゃくしてあおがくしゅっしん。がっこうはしぶや、もよりえきはおもてさんどう。しゃれおつです。ひょっとして、ちーむないはおしゃれで、かっこいい。ふたりでとおっておるのではないかとおもいますが~」と持ち上げたが「あおがくやきゅうぶはちょっとちがうぞベスト5」と何やら不穏な空気を漂わせる。
 「がっこうはしぶや、おもてさんどうですが、やきゅうぶのりょうはさがみはら。もよりえきはふちのべだ。しぶやきゃんぱすがよいとおもいきや、たいはんはさがみはら。あおやま、はらじゅく、しぶやなどであそんでいるとおもいきやほとんどふちのべだ。いきつけはえきとほ7ふん、まちちゅうかの『しんこうけん』。たべろぐ3・15。たまにしぶやにいくとまいごになる」と小ネタを挟んでディスりまくり。オリックスベンチの青学OBも苦笑いしながらうなずいた。
 さらに「りょうからじんぐうきゅうじょうにバスでいくと、たまにくるまよいする。そんなだいがくじだいの2にんは、かがやかしいせいせきでじんぐうでおおあばれしましたが、にほんしりーずではここまでこあばれしてますが、おおあばれはごえんりょください」「ちなみに(ヤクルト先発の石川の愛称)かつおくんもあおがくですが、(当時は)つなしまりょうでした」と締めくくり、あすはオリックスの宮城投手を「やり玉」に挙げると予告した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ