本文へ移動

【明治神宮大会】国学院大・池内「駄目だったことを糧に上でも頑張っていきたい」無念の1イニング4失点

2021年11月24日 18時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した国学院大の池内暸馬投手

先発した国学院大の池内暸馬投手

◇24日 アマ野球 明治神宮大会・大学の部 準決勝 国学院大2―6中央学院大(神宮)
 三重県松阪市出身の国学院大のエース右腕・池内(津商)が先発し、1イニング4失点で無念の降板となった。初戦は4番手で2イニングを無失点。準決勝では先発を任されたが「期待に応えられずに悔しい」と大学最後の登板を振り返った。
 「全国の舞台で投げられて、国学院大に来てよかった。駄目だったことを糧に上でも頑張っていきたい」と前を向いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ