本文へ移動

尾川堅一、王座決定戦を前に名門グリーソンズ・ジムで練習 「今日も1日、絶好調でした」【ボクシング】

2021年11月24日 15時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習を前にバンテージを巻く尾川(帝拳ジム提供)

練習を前にバンテージを巻く尾川(帝拳ジム提供)

 ボクシングIBFスーパーフェザー級王座決定戦(27日、米ニューヨーク、マディソンスクエアガーデンHuluシアター)に出場する同級3位の尾川堅一(33)=帝拳=が23日(日本時間24日)、現地で取材対応と公開練習を行った。練習で利用したのはかつてモハメド・アリやマイク・タイソン(ともに世界ヘビー級王者)も通った名門グリーソンズ・ジムだった。
 「公開練習の際には対戦するフジレ選手(同級2位、南ア)と初めて対面しました。印象としては顔は小さくスラッとしていたものの身長は自分よりも少し小さい感じでした。こうやって対戦相手と対面するとテンションも上がるし、イメージも膨らみます。減量も順調で思ってたよりも体重が落ちたので夜もしっかり食べることが出来ました。今日も1日、絶好調でした!」と、尾川は所属ジムを通じてコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ