本文へ移動

【ラグビー】日本代表飛躍へ若手登用の必要性痛感「海外勢との試合経験を積む機会を」来夏には欧州の強豪国が来日へ

2021年11月24日 15時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スコットランド相手に善戦した日本代表(AP)

スコットランド相手に善戦した日本代表(AP)

 日本ラグビー協会の藤井雄一郎ナショナルチームディレクターは24日、男子日本代表欧州遠征の総括会見をオンラインで行った。
 今回の遠征は初戦でアイルランドに5―60で大敗。「遠征前のオーストラリア戦(23―32)でよくない自信を持ってしまった。アイルランドに入ってからも、隔離慣れ、時差ぼけもあってまったりした時間を過ごしてしまった。一番よくないジャパンが、一番いいアイルランドにぶつかってしまった」と振り返った。
 続くランキング下位のポルトガルには初キャップとなるCTB中野将伍(東京SG)ら若手を起用。苦戦しながらも38―25で勝ち、最後のスコットランド戦には20―29。「最後は寄り切られた感じ。これまで試合ができなかったことは言い訳にならないけれど、負けはしたけれど、そこそこ評価できる戦いだった」と総括した。
 一方で、同ディレクターは「今は(19年W杯まで)経験を積んだ選手が多いけれど、彼らが一気に抜けてしまったら23年以降が厳しくなる」と、若手登用の必要性を強調。「サンウルブズに代わる、海外勢との試合経験を積む機会をどう作るか」を喫緊の課題にあげた。
 来年については「相手はまだ言えない」としながら、夏は国内で、秋は国内と海外で、それぞれ数試合のテストマッチを組める見込みと説明。6~7月の国際交流シーズンには欧州の強豪国が来日しそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ