本文へ移動

中3男子が校内で刺され死亡 愛知・弥富、同級生を現行犯逮捕 

2021年11月25日 01時00分 (11月25日 01時26分更新)
男子生徒が刺された十四山中学校=24日午前10時40分、愛知県弥富市鳥ケ地1で(桜井泰撮影)

男子生徒が刺された十四山中学校=24日午前10時40分、愛知県弥富市鳥ケ地1で(桜井泰撮影)

  • 男子生徒が刺された十四山中学校=24日午前10時40分、愛知県弥富市鳥ケ地1で(桜井泰撮影)
 二十四日午前八時十分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地一の市立十四山(じゅうしやま)中学校から「生徒同士のトラブルがあった。腹を刃物で刺されている」と一一〇番があった。同校三年の伊藤柚輝(ゆずき)さん(14)=弥富市五斗山二=が腹部付近を刺され、市内の病院に搬送されたが、約二時間半後に死亡が確認された。県警は、伊藤さんを刺したとして同じ中学に通う同級生の少年(14)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。
 逮捕容疑では、同日午前八時ごろ、校舎内で、所持していた包丁で伊藤さんの腹部付近を刺し、殺害しようとしたとされる。県警によると、少年は「私がやったことで間違いありません」と容疑を認めている。
 県警によると、少年が伊藤さんを刺した後、同校の教諭が止めに入った。県警の調べには素直に応じているという。県警は伊藤さんを刺したとみられる包丁を現場から押収。事件の経緯を調べている。
 弥富市教育委員会によると、事件は授業が始まる前に起きたとみられる。十四山中学校は市内で一番規模が小さく、全校生徒は百三十九人。担当者は「急なことで状況がわからない」と話した。

校門に物々しい規制線

 現場となった十四山中学校は、校門に規...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報